フィリピン留学情報

English Only Policyの学校が良い?

英語以外使用禁止の学校が良い?

English Only Policyとは学校内で英語以外の使用を禁止する規則です。呼び方は様々ですが、こういった規則を作っている学校がフィリピンには比較的多いです。この規則の目的は英語以外、具体的には母国語の使用を禁止することで、留学している間は会話を英語だけにし、英語の能力を高めることにあります。フィリピンに留学するのならば、English Only Policyのある学校が良いのでしょうか?

これはかなり微妙です。というのも、English Only Policyを留学生に徹底させることができている学校が実はあまりないのです。English Only Policyを本当に徹底させようと思ったら、廊下や食堂、喫煙所など校内のあらゆる場所に監視員を配置しなければチェック、指導ができません。安さを売り物にしているフィリピン留学で、English Only Policyの徹底のために多数の監視員の人件費を負担しろというのは、学校経営者に対して少し酷です。

実際に学校を訪問してみると、廊下で韓国人同士が韓国語で話をしていたり、日本人スタッフに日本から来た留学生が日本語で話しかけるというシーンを本当によく見ます。English Only Policyの発想自体は否定しませんが、それが上手く機能している学校は少ないのが実情です。

どうしても英語だけの留学生活にしたいということであれば、自分で自分自身にEnglish Only Policyを課すのが良いでしょう。その自信がないということであれば、日本人がいない、または極端に少ない学校に留学することをお勧めします。

ご質問・お問合せ

フィリピン留学や学校についてのご質問、入学お手続き(無料)のお申込みなど、下記メールフォームからお気軽にお問合せください。土日祝日も含め24時間いつでもご送信いただけます!

お名前
ご職業
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「info@liuxue998.com」からご連絡ください。

タイプで学校を選ぶ

エリアで学校を選ぶ