フィリピン留学情報

日本語スタッフがいたほうが良い?

日本語を話せるスタッフがいる学校のほうが良い?

フィリピンの学校の多くは韓国人が経営しているため、日本語が通じないところが多いです。ですが学校によっては日本人または日本語が分かるスタッフがいます。

いたほうが良いか悪いかと聞かれれば、いたほうが良いでしょう。何かあった時に便利ですから。いないほうが日本語に頼らないので英語の力が伸びるという人がいますが、留学中に日本語スタッフとそんなに頻繁に話すことはないでしょうから、その程度のことが英語の力の伸長に影響するというのはオーバーです。

ただ、「何かあった時に便利」と書きましたが、そういう「何か」というものはそうそう頻繁に起こるものではありません。留学中にたまに起こるか、もしくは一切起こらないかです。

また、留学中に起きる問題というのは誰にも共通であり、学校のスタッフは何度となくそういう問題に対処していて慣れています。例えばインターネットのつながりが悪いという問題が起きたとして、学校のスタッフに言いに行きます。スタッフは過去に何度も日本人から片言の英語でネットについて言われてきているわけですから、話の半分も聞いた時点で何のことか分かりますし、対処法も従来通りで決まっているわけです。日本語スタッフがいなくても問題は解決されます。

ですので、日本語スタッフがいたほうが便利は便利です。ですが、日本語スタッフがいるかいないかで学校を選ぶ必要はないです。

ご質問・お問合せ

フィリピン留学や学校についてのご質問、入学お手続き(無料)のお申込みなど、下記メールフォームからお気軽にお問合せください。土日祝日も含め24時間いつでもご送信いただけます!

お名前
ご職業
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「info@liuxue998.com」からご連絡ください。

タイプで学校を選ぶ

エリアで学校を選ぶ