フィリピン留学情報

BILC

Bacolod International Language Center

基本情報 留学生 コースと料金 学校設備 留学生寮 周辺施設・規則 募集要項 写真 コメント 見積り
BILC イメージ画像

この学校のポイント

BILCの基本情報

バコロドの郊外にある韓国資本の中規模校です。韓国人に偏っておらず国際交流ができる学校です。

住所
Villa San Agustin,
Villamonte, Bacolod City
立地特性
沿海/中都市/郊外
設立年度
2011年
SSP
認可済み
TESDA
認可済み
学校資本
韓国の独資
学校規模
中規模
学生定員
100人
フィリピン人教師
男性2人,女性20人
ネイティブ教師
0人
その他スタッフ
4人
日本語スタッフ
男性0人,女性0人
マンツーマン教室
36室
グループ教室
3室
最寄り空港
バコロド空港
直行便がある空港
なし
空港から移動時間
30分

最終更新日:2015年05月13日

BILCの地図

留学生の内訳

韓国資本の学校ですが最も多いのは台湾人です。

学生数

最多期
1,2,7,8月
最多期の月間人数
50人
最少期
3~6,9~12月
最少期の月間人数
10人

国籍

日本
若干
韓国
20%
中国
若干
台湾
70%

東南ア
中近東
ロシア
その他
10%

年齢構成

学生

小学生以下
5%
中高生
5%
大学生
30%

社会人

20・30代
50%
40・50代
10%
60代以上

最終更新日:2015年05月13日

コースと料金

棒グラフは授業のコマ数を表します。ピンクはマンツーマンレッスン、水色はグループレッスン、黄色は無料授業です。また、Fはフィリピン人教師、Nはネイティブ教師が担当する授業を表します。料金は学費と寮費の合計です。これ以外に入学金、ビザ関係費用など(募集要項欄を参照)が必要です。


マンツーマンレッスンのコマ数の違いで3つのコースがあります。授業内容は共通で、マンツーマンは文法、リーディング、ライティング、スピーキングなど、カウンセリングで学生の要望を聞いて詳細決定、グループレッスンは会話中心です。どのコースも1週間から入学できます。

Basic Course

F

F

F

F

F

F

授業内容

基本となるコースです。1日にマンツーマンが4コマ、グループが2コマあります。

マンツーマンレッスン

フィリピン人教師:50分×4コマ

内容:文法、リーディング、ライティング、スピーキング(カウンセリングで詳細決定)

グループレッスン(2~10人)

フィリピン人教師:50分×2コマ

内容:会話中心の授業内容

部屋タイプと料金

部屋
1人部屋
2人部屋
3人部屋
  • 1週間
  • 2週間
  • 3週間
  • 4週間
  • 8週間
  • 12週間
  • 16週間
  • 20週間
  • 24週間
  • $295
  • $590
  • $885
  • $1,180
  • $2,360
  • $3,540
  • $4,720
  • $5,900
  • $7,080
  • $245
  • $490
  • $735
  • $980
  • $1,960
  • $2,940
  • $3,920
  • $4,900
  • $5,880
  • $225
  • $450
  • $675
  • $900
  • $1,800
  • $2,700
  • $3,600
  • $4,500
  • $5,400

Semi Sparta Course

F

F

F

F

F

F

F

授業内容

マンツーマンレッスンが5コマのコースです。

マンツーマンレッスン

フィリピン人教師:50分×5コマ

内容:文法、リーディング、ライティング、スピーキング(カウンセリングで詳細決定)

グループレッスン(2~10人)

フィリピン人教師:50分×2コマ

内容:会話中心の授業内容

部屋タイプと料金

部屋
1人部屋
2人部屋
3人部屋
  • 1週間
  • 2週間
  • 3週間
  • 4週間
  • 8週間
  • 12週間
  • 16週間
  • 20週間
  • 24週間
  • $320
  • $640
  • $960
  • $1,280
  • $2,560
  • $3,840
  • $5,120
  • $6,400
  • $7,680
  • $270
  • $540
  • $810
  • $1,080
  • $2,160
  • $3,240
  • $4,320
  • $5,400
  • $6,480
  • $250
  • $500
  • $750
  • $1,000
  • $2,000
  • $3,000
  • $4,000
  • $5,000
  • $6,000

Sparta Course

F

F

F

F

F

F

F

F

授業内容

マンツーマンレッスンが6コマのコースです。

マンツーマンレッスン

フィリピン人教師:50分×6コマ

内容:文法、リーディング、ライティング、スピーキング(カウンセリングで詳細決定)

グループレッスン(2~10人)

フィリピン人教師:50分×2コマ

内容:会話中心の授業内容

部屋タイプと料金

部屋
1人部屋
2人部屋
3人部屋
  • 1週間
  • 2週間
  • 3週間
  • 4週間
  • 8週間
  • 12週間
  • 16週間
  • 20週間
  • 24週間
  • $345
  • $690
  • $1,035
  • $1,380
  • $2,760
  • $4,140
  • $5,520
  • $6,900
  • $8,280
  • $295
  • $590
  • $885
  • $1,180
  • $2,360
  • $3,540
  • $4,720
  • $5,900
  • $7,080
  • $275
  • $550
  • $825
  • $1,100
  • $2,200
  • $3,300
  • $4,400
  • $5,500
  • $6,600

最終更新日:2015年05月13日

時間割その他

時間割

06:30-08:00
朝食
08:20-09:10
1コマ目
09:20-10:10
2コマ目
10:20-11:10
3コマ目
11:20-12:10
4コマ目
12:10-13:10
昼食

13:10-14:00
5コマ目
14:10-15:00
6コマ目
15:10-16:00
7コマ目
16:10-17:00
8コマ目
18:00-19:00
夕食

その他

最大レベル数
4段階
授業の追加
1日9コマまで可
受講期間延長
1週間単位で可
ボランティア
手配可
インターン
手配可
TOEIC受験
開催なし
TOEFL受験
開催なし

最終更新日:2013年10月16日

学校の設備

特別な設備はありません。

食堂
売店
なし
自習室
図書室
なし
保健室
ラウンジ/カフェ
なし
無料パソコン
なし
日本語対応機
0台
ネット/有線
なし
ネット/Wifi
なし
プール
ジム
なし
体育館
なし
運動場
サウナ
なし
ビリヤード
なし
卓球
なし
バドミントン
なし
バスケット
なし
ゴルフ
なし
掲示物表記
英語
貴重品預り
事務室で対応

最終更新日:2013年10月16日

留学生寮

学校からスクールバスで5分ほどの場所に寮があります。食事は韓国料理、フィリピン料理、中華料理など様々です。

寮全般

立地
学校周辺
定員
90人
男女フロア分け
なし
洗濯
週2回
掃除
週2回
自炊の可不可
可 #1

食事回数(平日)
朝/昼/晩
(土曜)
朝/昼/晩
(日祝)
朝/昼/晩
韓国料理
30%
日本料理
10%
西洋料理
10%
フィリピン料理
20% #2

部屋の設備

机・椅子
クローゼット
エアコン
扇風機
なし
電話
なし
ネット/有線
なし
ネット/Wifi

テレビ
冷蔵庫
金庫
なし
トイレ
シャワー
同、温冷
温水
バスタブ
なし

#1 電気コンロを用意する必要有 #2 他に中華料理が30%

最終更新日:2013年10月16日

周辺施設(直線距離)

学校は郊外なので周囲に商業施設などはありませんが、寮から歩いて5分ほどのところにショッピングモールやファストフード店などが多数あります。

銀行
1.0km
ATM
1.0km
両替所
1.0km
大型スーパー
3.7km
コンビニ
1.1km
マッサージ店
1.0km
マクドナルド
1.0km
ケンタッキー
2.9km
ジョリビー
1.0km
スターバックス
3.1km
その他カフェ
1.0km
日本料理店
3.0km

最終更新日:2013年10月16日

学校の規則

規則はそれほど厳しくありません。

門限

22:00
22:00
22:00

22:00

02:00
02:00

22:00
22:00

その他の規則

外出制限
なし
外泊制限
事前申請が必要
自習義務
なし
言語制限
なし

飲酒
敷地内不可
タバコ
指定の喫煙所でのみ可
異性の部屋への出入り
不可
同性の部屋への出入り

最終更新日:2013年10月16日

留学募集要項

全般

年齢制限
なし
学歴制限
なし
その他
なし

最少期間
1週間
保険加入
自由
親子留学

入寮曜日
手続き#1
授業曜日
月~金

祝日授業
なし
退寮曜日
出迎え
24時間

ビザ延長/法定費用

31-59日
P3,030
~89日
P7,330
~119日
P8,630
~149日
P10,960

~179日
P12,630
SSP申請料
P6,000
I-Card
P3,000

その他費用

入学金
$100
管理費
なし
空港出迎え
$30
空港送り
なし
寮保証金
#2
その他
#3

食事
料金込み
掃除
料金込み
洗濯
料金込み
電気
実費
水道
P250/4w
ネット
料金込み
教材費
実費

※通貨単位は ¥:日本円、P:フィリピン・ペソ、$:米ドル

#1 入学直後の手続き日はレベルチェックその他のため授業は行われない #2 8週間まで4,000ペソ、以降4週間ごとに1,000ペソ加算 #3 学生証P200、印刷代P300/4週

最終更新日:2015年05月13日

BILCの写真

以上撮影日:2013年10月16日

BILCについて

以下、2013年10月16日掲載

Bacolod International Language Center(BILC)はバコロド市にある韓国人経営の英語学校である。今まで台湾と韓国からの留学生をメインに受け入れてきたが、今後は日本からの学生受け入れも強化したいということで、「フィリピン留学情報」が同校を日本に初めて紹介することとなった。

BILCはバコロド市内の大学と提携しており、郊外にあるこの大学のサブキャンパス内に立地している。周りを緑に囲まれ広々としており、セブなどに多いビルタイプの学校とは一線を画する。

BILCの最も大きな特長は留学生の国籍構成である。同校は韓国人経営でありながら学生の半数が台湾からの留学生である。平常時は韓国人よりも台湾人のほうがむしろ多く、ピークシーズンはさすがに大学生の留学で韓国人のほうが多くなるが、それでも台湾人の比率が3割を切ることはないという。このような学校はフィリピン全土でも非常に珍しい。

フィリピンに留学するにあたって、単に英語を学ぶだけでなく国際交流をしてみたいという留学希望者は非常に多い。せっかく海外に出るのだから、いろんな国の学生と交流したいと思うのは当然のことだ。しかし、フィリピン留学においてはこの国際交流を実現するのが極めて難しい。

なぜならば、フィリピンの多くの学校は韓国人経営で、学生のほとんどが韓国人である。一方、最近になって日本人経営の学校も増えてきたが、こちらは逆に学生のほぼすべてが日本人である。よってフィリピンに留学する場合、韓国人だらけか日本人だらけかのどちらかしか選択肢がなく、多国籍の学生と過ごす国際交流を実現することは不可能に近かった。

BILCでは韓国と台湾という2カ国ではあるが、国籍構成がどちらかに極端に偏っているということがない。この環境に日本人が留学することで、パーフェクトとは言えないまでも、少なくともフィリピンの他の学校では実現することができない国際交流を経験することができる。

また、韓国人と台湾人が同程度に近い比率で在籍しているため、食事も韓国料理だけでなく中華料理も出している。よくある韓国人経営の英語学校のように、どんな料理も赤くて辛くてテーブルには常にキムチが出ているといった食生活にはならない。

特に台湾人で社会人留学生が多いため、時期にもよるが年間で平均すると学生の3分の1が社会人である。周りが大学生など若い人だけというのは避けたいという社会人留学生には良い環境であろう。

授業はマンツーマンとグループを組み合わせたオーソドックスなタイプである。授業内容はグラマーやリーディングなどの科目が設定されてはいるが、入学直後のカウンセリングで要望を伝えれば、それに合う方向で授業をアレンジしてもらえる。

4週間180ドルでネイティブ教師のマンツーマンレッスンを1日1コマ追加することができる。これはかなりリーゾナブルである。4週間で180ドルということは1週間45ドル。月曜から金曜まで1日1コマなので、1コマあたり9ドルということになる。千円足らずでネイティブとマンツーマンレッスンができるなど、日本では考えられないのではないだろうか。

BILCはバコロドの大学と提携しているので、フィリピンの学生と交流することができる。こういった大学併設校はフィリピンに何校かあり、どの学校もフィリピン人学生と交流できることを売り文句にしている。しかし、大学併設校であれば自動的にフィリピン人学生と交流できるわけではない。

考えてもみて欲しい。学校内をウロウロしていたらフィリピン人学生の方から寄ってきて話しかけてくれて、彼らとの交流が始まる。そんなことが果たしてあるのか。逆の立場で考えてみればすぐに分かる。自分が大学のキャンパス内を歩いていたら外国人がいて、自分からわざわざ進んで声をかけるか?

「フィリピン人は陽気で積極的なので大丈夫です♪」なんてことを書いているサイトもあるが、実はフィリピン人だってシャイなのだ。少なくとも学校内をウロウロしていたらフィリピン人学生がじゃんじゃか声をかけてきて友達いっぱいなんて夢物語のようなことは絶対に起こらない。自分からフィリピン人学生に声をかけない限り、彼らとの交流が簡単に始まったりしないのだ。

しかしそうは言っても、やはり自分から声をかけるのは簡単なことではない。そこでBILCでは毎月1回フィリピン人学生との交流会を行っている。さらに学校に要望すれば交流を希望するフィリピン人学生を紹介してくれる。学生の主体性にまかせっきりにするのではなく、学校としてフィリピン人学生との交流をバックアップしているのだ。

学校が終わったあとや終末などにフィリピン人学生と交流することで、授業以外の時間も英会話の練習に使うことができる。さらにこの学校の国籍構成の特殊性があるので、例えば土日に日韓台湾フィリピンの4人連れで遊びに行くなど、他の学校では絶対にできない経験ができる。

また、この大学が教育学、看護、観光などの専攻を持っている点を活かし、留学終了後に学校やホテルなどでのインターンシップを手配してもらうことも可能である。

寮は学校から車で5分ほど離れた場所にあり、スクールバスで通学する。学校が緑に囲まれた郊外にあるのに対し、寮は徒歩圏内に商業地があり、ショッピングモールやスーパー、ファストフード店などが一通り揃っている。住まいは便利な場所、勉強するのは静かな郊外という理想的な組み合わせである。

国籍に偏りがなく国際交流ができ、食生活が韓国ワールドになる心配もない。学校がフィリピン人学生との交流をバックアップしてくれており、授業以外の時間でも英会話の練習ができる。さらに生活環境も非常に便利。ストレスのないインターナショナルな環境でしっかりと会話力を高めるのに良いのではないだろうか。

留学費用見積り

ご希望のコース、部屋タイプ、ご留学期間を選んで「計算する」ボタンを押してください。(コース名のカッコ内の数字は左からマンツーマン、グループ、無料授業のコマ数)

項目
金額
円換算
備考
学費
入学金
登録料
空港出迎え
バコロド空港
空港送り
寮費
食費
掃除代
洗濯代
電気代
実費
水道代
ネット代
寮保証金
設備破損などがなければ退寮時に返金
教材費
実費
SSP申請料
I-Card
フィリピンに60日以上滞在する場合に必要
ビザ延長料
他費用
学生証P200、印刷代P300/4週
手続き料
弊社の入学お手続き代行料は無料です
合計

ご注意:必ずお読みください!

※外貨から円貨へは1ペソ=円、1ドル=円で換算しています。為替レートは日々変動しますので実際のお支払い額は上記金額と必ずしも一致しません。また、銀行等での両替レートは為替レートに銀行等の手数料を上乗せしたものとなります。

※上記はこの学校が本ページの「カリキュラム欄」、「留学生寮欄」及び「留学募集要項欄」のそれぞれに示す最終更新日までに申告した費用に基づき算出したものであり、学校による学費等の変更により見積額が変わる場合があります。

※上記見積金額に以下のものは含まれません。往復の渡航費、海外保険料、個人的支出、上記の項目で以下に「実費」と記載されている項目、上記の項目に含まれないあらゆるすべての費用

※空港出迎はバコロド空港の場合の金額、電気代は実費、寮保証金は設備破損などがなければ退寮時に返金、教材費は実費、I-Cardはフィリピンに60日以上滞在する場合に必要、その他費用は学生証P200、印刷代P300/4週です。

※弊社の入学お手続き代行料は無料です。

ご入学手続き

この学校へのご入学手続きは弊社が無料で行っております。お手続きの流れについてはこちらのページをご参照ください。ご入学手続きのお申込み、この学校についてのご質問などは下記メールフォームからお気軽にご連絡ください。

ご質問・お問合せ・お申込み

フィリピン留学や学校についてのご質問、この学校への入学お手続き(無料)のお申込みなど、下記メールフォームからお気軽にご連絡ください。土日祝日も含め24時間いつでもご送信いただけます!

ご連絡内容
お名前
ご職業
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「info@liuxue998.com」からご連絡ください。

タイプで学校を選ぶ

エリアで学校を選ぶ