フィリピン留学情報

APSE

Asian Power School of English

基本情報 留学生 コースと料金 学校設備 留学生寮 周辺施設・規則 募集要項 写真 コメント 見積り
APSE イメージ画像

この学校のポイント

APSEの基本情報

クラーク近郊のタルラック市郊外にあるフィリピン資本の小規模校です。フィリピンの小中学校に隣接しており、校長先生の自宅でホームステイができます。

住所
Atis St., Maligaya,
San Miguel, Tarlac City
立地特性
内陸/中都市/郊外
設立年度
2009年
SSP
未認可
TESDA
未認可
学校資本
フィリピンの独資
学校規模
小規模
学生定員
3人
フィリピン人教師
男性4人,女性9人
ネイティブ教師
0人
その他スタッフ
4人
日本語スタッフ
男性0人,女性0人
マンツーマン教室
2室
グループ教室
0室
最寄り空港
マニラ空港
直行便がある空港
成田,関西,中部,福岡
空港から移動時間
3時間

最終更新日:2014年09月18日

APSEの地図

留学生の内訳

ほとんどが日本から来る社会人です。学生が多くないので日本人だらけになることはめったにありません。

学生数

最多期
特になし
最多期の月間人数
2人
最少期
特になし
最少期の月間人数
0人

国籍

日本
99%
韓国
1%
中国
台湾

東南ア
中近東
ロシア
その他

年齢構成

学生

小学生以下
中高生
大学生
5%

社会人

20・30代
90%
40・50代
5%
60代以上

最終更新日:2014年09月18日

コースと料金

棒グラフは授業のコマ数を表します。ピンクはマンツーマンレッスン、水色はグループレッスン、黄色は無料授業です。また、Fはフィリピン人教師、Nはネイティブ教師が担当する授業を表します。料金は学費と寮費の合計です。これ以外に入学金、ビザ関係費用など(募集要項欄を参照)が必要です。

ESL Course

F

F

F

F

F

F

授業内容

マンツーマンレッスンを1日に6コマ受けるコースです。授業内容は学生の希望を聞いて初日のカウンセリングで相談して決めます。

マンツーマンレッスン

フィリピン人教師:60分×6コマ

内容:学生の希望に応じて初日に内容を決定

部屋タイプと料金

部屋
1人部屋
2人部屋
  • 1週間
  • 2週間
  • 3週間
  • 4週間
  • 8週間
  • 12週間
  • 16週間
  • 20週間
  • 24週間
  • $1,600
  • $3,200
  • $4,800
  • $6,400
  • $8,000
  • $9,600
  • $1,600
  • $3,200
  • $4,800
  • $6,400
  • $8,000
  • $9,600

最終更新日:2014年09月18日

時間割その他

時間割

07:30-08:30
朝食
08:30-09:30
1コマ目
09:30-10:30
2コマ目
11:00-12:00
3コマ目
12:00-13:00
昼食

13:30-14:30
4コマ目
14:30-15:30
5コマ目
15:30-16:30
6コマ目
18:30-19:30
夕食

その他

最大レベル数
5段階
授業の追加
受講期間延長
1週間単位で可
ボランティア
手配可
インターン
取り扱いなし
TOEIC受験
開催なし
TOEFL受験
開催なし

最終更新日:2013年10月03日

学校の設備

一般の家庭ですので特別な設備はありません。

食堂
売店
なし
自習室
なし
図書室
なし
保健室
なし
ラウンジ/カフェ
なし
無料パソコン
日本語対応機
0台
ネット/有線
なし
ネット/Wifi
プール
なし
ジム
なし
体育館
なし
運動場
なし
サウナ
なし
ビリヤード
なし
卓球
なし
バドミントン
なし
バスケット
なし
ゴルフ
なし
掲示物表記
英語
貴重品預り
自己管理

最終更新日:2013年10月03日

留学生寮

フィリピン人家庭でのホームステイですので食事はフィリピン料理中心です。自室でインターネットが使えます。

寮全般

立地
校内
定員
3人
男女フロア分け
なし
洗濯
週3回
掃除
週3回
自炊の可不可
不可

食事回数(平日)
朝/昼/晩
(土曜)
朝/昼/晩
(日祝)
昼/晩
韓国料理
日本料理
西洋料理
5%
フィリピン料理
95%

部屋の設備

机・椅子
クローゼット
エアコン
扇風機
なし
電話
なし
ネット/有線
なし
ネット/Wifi

テレビ
共用
冷蔵庫
共用
金庫
なし
トイレ
シャワー
同、温冷
温水
バスタブ

最終更新日:2013年10月03日

周辺施設(直線距離)

住宅地ですので周囲に商店などはありませんが、少し離れたところにショッピングモールがありますので特に困るというほどでもありません。

銀行
0.7km
ATM
0.7km
両替所
4.4km
大型スーパー
0.7km
コンビニ
0.5km
マッサージ店
4.4km
マクドナルド
4.4km
ケンタッキー
4.4km
ジョリビー
0.7km
スターバックス
0.7km
その他カフェ
4.4km
日本料理店
0.7km

最終更新日:2013年10月03日

学校の規則

規則は厳しくありません。一般の家庭ですので節度ある行動をしてください。

門限

21:00
21:00
21:00

21:00

21:00
21:00

21:00
21:00

その他の規則

外出制限
なし
外泊制限
不可
自習義務
なし
言語制限
敷地内は英語以外使用禁止

飲酒
敷地内不可
タバコ
指定の喫煙所でのみ可
異性の部屋への出入り
不可
同性の部屋への出入り

最終更新日:2013年10月03日

留学募集要項

全般

年齢制限
7歳以上
学歴制限
なし
その他
なし

最少期間
4週間
保険加入
自由
親子留学

入寮曜日
常時可
手続き#1
到着日
授業曜日
月~金

祝日授業
なし
退寮曜日
常時可
出迎え
24時間

ビザ延長/法定費用

31-59日
P3,030
~89日
P7,330
~119日
P8,650
~149日
P10,980

~179日
P12,300
SSP申請料
P6,030
I-Card
P3,000

その他費用

入学金
$100
管理費
なし
空港出迎え
$150
空港送り
なし
寮保証金
P2,000
その他
なし

食事
料金込み
掃除
料金込み
洗濯
料金込み
電気
P1,000/4w
水道
料金込み
ネット
料金込み
教材費
P1,500/4w

※通貨単位は ¥:日本円、P:フィリピン・ペソ、$:米ドル

#1 入学直後の手続き日はレベルチェックその他のため授業は行われない

最終更新日:2014年09月18日

APSEの写真

以上撮影日:2013年10月03日

APSEについて

以下、2013年10月03日掲載

APSE(Asian Power School of English)はルソン島中部のタルラック市の郊外にあるプライベートスクールである。

当地の私立小中学校の経営者が運営しており、この小中学校の教師が留学生に英語を教えている。宿泊先もこの経営者の自宅の一室である。学校の経営者の家に滞在しながら、学校の先生に英語を教えてもらうということであり、英語学校というよりは英語塾、家庭教師による英語指導をイメージしたほうが実態に合っている。

留学生を受け入れるようになって3年ほどが経つが、今回「フィリピン留学情報」が提携するまで留学エージェントとの付き合いは一切無く、口コミだけで学生を集めてきた。集めてきたというよりも、口コミで学生がやって来た、と言ったほうが正しいだろう。今まで留学に来たのは都内の某私立有名大学の学生と、社内公用語を英語にした某上場企業の社員が大半とのこと。

授業は毎日マンツーマンのみ6コマである。この小中学校は英語教育に重点を置いているので全科目の教師が高いレベルの英語力を持つが、中でも英語を担当する2人の教師を中心に留学生の指導にあてるようにしているとのこと。

授業内容は現地到着時のカウンセリングで細かい内容を調整していく。学内で勉強するだけではなく、時には外に出て勉強した英語を実際に使ってみるなど、型にはまらない指導の仕方をしている。もちろんマンツーマンだけなので学生の要望にはフレキシブルに対応する。

最大のポイントはフィリピン人の一般家庭でホームステイができることだろう。経営者の自宅の一室に滞在し、食事などは経営者家族と一緒にとる。夕食後はリビングで家族と一緒に過ごしたり、20前後の子供が3人いるので、彼ら彼女らといろんな話題に花を咲かせたり。起きてから寝るまでずっと英語環境の中で過ごすことができる。そういった環境に魅力を感じるから、口コミでの留学生やリピーターが多いのだろう。

いわゆる普通のフィリピン留学ではない。大手の学校に比べて経験やノウハウの蓄積などで劣る部分もあるだろう。しかし、英語教育の専門教師に家庭教師的に英語を教えてもらい、フィリピンでホームステイすることでこそ得られる英語力の向上というものもある。少なくとも自然な英会話力を身に付けるという点においては、フィリピンの一般家庭で家族と一緒に英語を使っての生活というのは、大きな成果を生み出してくれるのではないだろうか。

留学費用見積り

ご希望のコース、部屋タイプ、ご留学期間を選んで「計算する」ボタンを押してください。(コース名のカッコ内の数字は左からマンツーマン、グループ、無料授業のコマ数)

項目
金額
円換算
備考
学費
入学金
登録料
空港出迎え
マニラ空港
空港送り
寮費
食費
掃除代
洗濯代
電気代
水道代
ネット代
寮保証金
設備破損などがなければ退寮時に返金
教材費
SSP申請料
I-Card
フィリピンに60日以上滞在する場合に必要
ビザ延長料
他費用
手続き料
弊社の入学お手続き代行料は無料です
合計

ご注意:必ずお読みください!

※外貨から円貨へは1ペソ=円、1ドル=円で換算しています。為替レートは日々変動しますので実際のお支払い額は上記金額と必ずしも一致しません。また、銀行等での両替レートは為替レートに銀行等の手数料を上乗せしたものとなります。

※上記はこの学校が本ページの「カリキュラム欄」、「留学生寮欄」及び「留学募集要項欄」のそれぞれに示す最終更新日までに申告した費用に基づき算出したものであり、学校による学費等の変更により見積額が変わる場合があります。

※上記見積金額に以下のものは含まれません。往復の渡航費、海外保険料、個人的支出、上記の項目で以下に「実費」と記載されている項目、上記の項目に含まれないあらゆるすべての費用

※空港出迎はマニラ空港の場合の金額、寮保証金は設備破損などがなければ退寮時に返金、I-Cardはフィリピンに60日以上滞在する場合に必要です。

※弊社の入学お手続き代行料は無料です。

ご入学手続き

この学校へのご入学手続きは弊社が無料で行っております。お手続きの流れについてはこちらのページをご参照ください。ご入学手続きのお申込み、この学校についてのご質問などは下記メールフォームからお気軽にご連絡ください。

ご質問・お問合せ・お申込み

フィリピン留学や学校についてのご質問、この学校への入学お手続き(無料)のお申込みなど、下記メールフォームからお気軽にご連絡ください。土日祝日も含め24時間いつでもご送信いただけます!

ご連絡内容
お名前
ご職業
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「info@liuxue998.com」からご連絡ください。

タイプで学校を選ぶ

エリアで学校を選ぶ