フィリピン留学情報

クラーク

クラークのイメージ画像

クラークの留学状況

クラークはルソン島中部のアンヘレス市にあります。アンヘレス市にはかつてアメリカ空軍のクラーク基地があった名残で、今でも多くのアメリカ人が住んでいます。彼らを英語教師として雇用しやすいことから、ネイティブ教師の授業を受けられることがクラークに留学するメリットの一つとされています。

また、クラーク基地の跡地は経済特区となっていますが、米軍基地としてアメリカ並みの開発がされたため各種インフラが整い治安も良好です。クラークの一部の英語学校はこの経済特区の中にあります。

マニラのニノイアキノ国際空港からクラーク地域までは車で2時間ほどです。また、旧クラーク空軍基地はクラーク国際空港となっており台湾や韓国との間で定期便が運行していますので、これらを使って直接クラークに行くこともできます。

クラークの学校

APSE (Asian Power School of English)

費用
普通
授業量
普通
社会人
95%
立地
郊外
日本語スタッフ
なし
TOEICコース
なし
設備
普通
規則
普通
日本人
99%
食事
現地食中心
ネイティブ教師
なし
IELTSコース
なし
APSE

フィリピン人の一般家庭でホームステイできる!

フィリピン人女性経営者の自宅でホームステイできます。食事や夕食後の団欒もフィリピン人の家族と一緒で、朝から晩まで毎日英語だけを使って生活します。食事はフィリピン料理中心です。

詳しく見る!

ffiery (ffiery International School)

費用
普通
授業量
各種有
社会人
53%
立地
郊外
日本語スタッフ
TOEICコース
なし
設備
普通
規則
少なめ
日本人
98%
食事
現地食中心
ネイティブ教師
なし
IELTSコース
なし
ffiery

会話力強化を徹底して追求

英語で話せるようになることだけに重点を置いた授業をしています。授業はすべてマンツーマンで、1日に最大11コマのレッスンを受けることができます。日本人スタッフが常駐しています。

詳しく見る!

クラーク留学院 (クラークフィリピン留学院)

費用
高め
授業量
各種有
社会人
74%
立地
中心部
日本語スタッフ
TOEICコース
設備
良い
規則
少なめ
日本人
99%
食事
各種
ネイティブ教師
IELTSコース
なし
クラーク留学院

教師はすべてネイティブ、本当のビジネス英語を学べる!

全教師が欧米でのビジネス経験があるネイティブでフィリピン人教師はいません。ビジネスメール、ビジネス文書の書き方、英語での商談など「実務で使える」ビジネス英語を学べます。

詳しく見る!

ご質問・お問合せ

フィリピン留学や学校についてのご質問、入学お手続き(無料)のお申込みなど、下記メールフォームからお気軽にお問合せください。土日祝日も含め24時間いつでもご送信いただけます!

お名前
ご職業
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「info@liuxue998.com」からご連絡ください。

タイプで学校を選ぶ

エリアで学校を選ぶ