フィリピン留学情報

マニラ空港での乗り継ぎ

マニラ空港での乗り継ぎ イメージ画像

日本からマニラ経由で

フィリピンに留学する場合、日本から飛行機でフィリピンに飛び、空港まで学校から出迎えに来てもらうのが一番簡単です。ですがそれができる都市は限られています。日本から直行便があるのはマニラとセブだけだからです。

留学先がマニラ、バギオ、クラーク、タルラック、スービックの場合、学校スタッフがマニラの空港まで迎えに来てくれます。セブの学校の場合はセブ空港です。

ですがそれ以外の都市に留学する場合は日本からまずマニラに飛び、そこで国内線に乗り換える必要があります。例えば東京から全日空の国際線でマニラまで行き、マニラでフィリピン航空の国内線に乗り換えてバコロドに行く、といった感じです。

ここで問題になるのは、マニラのニノイアキノ国際空港にはターミナルが4つあり、航空会社ごとにターミナルが分かれていることです。

先ほどの例で言うと全日空はターミナル3、フィリピン航空はターミナル2ですので、東京から全日空でニノイアキノ国際空港のターミナル3に到着し、それからターミナル2に移動し、フィリピン航空の国内線に乗ってバコロドに行く、ということになります。

ターミナル間の移動は避ける

マニラ空港の地図

成田や羽田、関西空港であればターミナル間の移動はそれほど大変ではありません。しかし、ニノイアキノ国際空港の4つのターミナルはこの地図のように互いにかなり離れており、徒歩で移動することはできません。バスやタクシーでの移動となり、渋滞時には1時間近くかかることもあります。

ですので、フィリピンへの留学が初めてだったり、チケットの価格に極端な違いがないならば、ターミナル間の移動が発生しない乗り継ぎの仕方にしたほうが良いです。

ご質問・お問合せ

フィリピン留学や学校についてのご質問、入学お手続き(無料)のお申込みなど、下記メールフォームからお気軽にお問合せください。土日祝日も含め24時間いつでもご送信いただけます!

お名前
ご職業
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「info@liuxue998.com」からご連絡ください。

タイプで学校を選ぶ

エリアで学校を選ぶ