フィリピン留学情報

入国審査の受け方

入国審査の受け方 イメージ画像

入国審査とは?

留学でフィリピンの空港に到着すると、最初に「入国審査」を受けます。入国審査とはその外国人を自分の国(留学の場合のフィリピン)に入れて良いかを判断することです。例えば、国際的なテロリストだったり、パスポートに不備があったりといった理由で入国を拒否されることがあります。

飛行機を降りたら「Arrivals」と書かれた表示にそって進みます。しばらく進むと入国審査場があるエリアに到着します。たくさんの入国審査ブースがあり人が並んでいます。留学に来た日本人は「Visitor」と書かれたブースの列に並びます。Visitorの表示が見当たらない場合は列に並んでいる人を見てください。東洋人や西洋人がたくさん並んでいる列が外国人用の入国審査ブースの列です。

入国審査で提出するもの

フィリピンでは入国審査の際に次の3点の資料を提出します。

パスポート
…有効期限が滞在期間+6ヶ月以上残っている必要があります。
入国カード
…飛行機の中で渡されます。書き方は「入国カードの書き方」ページを参考にしてください。
出国するチケット
…普通であれば日本に帰るチケットですが、フィリピンから出国するチケットであれば行き先はオーストラリアでもエジプトでもどこでもかまいません。また、チケットはプリントアウトされたものが必要です。

入国審査での注意点

フィリピンでは暴力団関係者や薬物関係者が入国することはできません。指が10本揃っていない場合は暴力団関係者と見なされ、入国を拒否されることが多いです。ファッションでタトゥーを入れていてそれが入国審査官に見られた場合も入国できないことがあります。

また、入国審査官に横柄な態度を取ったという理由で日本人が入国を拒否されたという事例も少なからずありますので注意してください。

入国審査官とのやり取り

フィリピンでは入国審査官から簡単な質問をされることがあります。もちろん英語で質問されますが対応のポイントは2つです。

すべてを聞き取ろうとしない
…例えば、「What's the purpose of your visit ?(フィリピンに来た目的は?)」と聞かれて、Whatからvisitまですべての単語を聞き取ろうとしても無理です。それができればフィリピンに留学したりしません。ポイントとなる単語(この例では「purpose」)だけ聞き取れればOKと割り切りましょう。
単語で答える
…主語、述語が揃ったちゃんとした英語で答える必要はありません。英語初級者がそんな無理なことをしてもパニクるだけです。「Sightseeing」とか「4weeks」とか、メインとなる単語を答えるだけで大丈夫です。

ビザのチェック

フィリピンに留学に来る日本人には、入国審査を受けた際に30日間有効のビザが無償で発給されます。

ビザはパスポートに入国日が入ったスタンプで押され、その下に手書きで有効期限の最終日が書き込まれます。入国審査を受けてパスポートを返されたらビザスタンプが押されているかをすぐに確認し、押されていない場合はその場で入国審査官に発給を求めてください。

税関申告

入国審査を受けてそのまま進むと、スーツケースなど機内預けの荷物を受け取るエリアがあります。荷物を受け取る場所は複数あり、どこで受け取るかは場内のモニターに表示されています。

荷物を受け取ると外に出るのですが、外に出る手前のところに税関職員が立っておりここで税関申告書を提出します。税関申告書は飛行機の中で渡されます。記入方法は「税関申告書の書き方」ページを参照してください。

ご質問・お問合せ

フィリピン留学や学校についてのご質問、入学お手続き(無料)のお申込みなど、下記メールフォームからお気軽にお問合せください。土日祝日も含め24時間いつでもご送信いただけます!

お名前
ご職業
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「info@liuxue998.com」からご連絡ください。

タイプで学校を選ぶ

エリアで学校を選ぶ