フィリピン留学情報

税関申告書の書き方

税関申告書の書き方 イメージ画像

税関申告書をもらう

税関申告とは、その国に持ち込んではいけないものを持っていないかなどを税関職員に申告することです。この時に提出するのが税関申告書です。フィリピンに留学する日本人もフィリピンに入国する際に税関申告書を提出する必要があります。

税関申告書はフィリピンに向かう飛行機の中で配布されます。到着してから空港内でもらうこともできますが、機内でもらって事前に記入しておいたほうが早く空港の外に出て留学先の学校スタッフと合流できます。

飛行機の中で寝ていたなどの理由で税関申告書が配布されなかった場合は客室乗務員にもらってください。「Customs Declaration Please」と言えば通じます。

税関申告書を書くタイミング

フィリピンの空港に着いてから税関申告書を書くことはもちろん可能です。ですがその分、留学先の出迎えスタッフや同じ日にフィリピンに到着した他の留学生を待たせることになります。ですので、税関申告書はフィリピンに向かう飛行機の中で事前に書くようにしてください。

客室乗務員から税関申告書をもらったら、できるだけ早めに書いておいたほうが良いです。フィリピン到着間際になって書こうとすると、着陸態勢に入っているためテーブルの使用が禁止されて書きにくかったりします。何らかの理由でどうしても機内で書けなかった場合は、入国審査で順番待ちで並んでいる間に書くこともできます。

なお、飛行機が気流の悪いところを飛行中はシートベルト着用サインが点灯して席を立つことができません。税関申告書を書こうと思っても筆記具を入れたカバンが荷物棚の中にあると立ち上がって取り出せません。ですので、筆記具とパスポートはカバンから出して持っておいたほうが良いでしょう。

税関申告書の記入方法

税関申告書の書き方ですが、提出する相手はフィリピンの税関職員ですので、サイン以外はすべて英語で記入します。日本語や漢字は使えませんので注意してください。

フィリピンの税関申告書記入方法

「SURNAME」は名字、「FIRST NAME」は下の名前です。「MIDDLE NAME」は書かずに空欄のままでかまいません。性別はMALE(男性)、FEMALE(女性)のいずれかにチェックを入れます。

生年月日ですがフィリピンの空港では日付は「月、日、年」の順番で記入します。日本とは違いますので注意してください。

職業の英文表記ですが、学生は「Student」、無職は「None」、それ以外の人は「Office Worker」でかまいません。会社員以外の職業で気になる方はこちらのページの下部を参考にしてください。

パスポートの発給日はパスポートの顔写真があるページの「Date of issue」のところに書かれています。発給地はパスポートを取得した都道府県名を記入しますが「Japan」でもかまいません。

学校の住所、日本の住所が長すぎて書ききれない時は、最後の番地などを省略してもかまいません。

フライトナンバーは「PR123」や「5J468」など、一般にアルファベットと数字の5桁で表わされるものです。フィリピンに到着した飛行機のフライトナンバーを記入してください。例えば、福岡から韓国のソウル経由でマニラに入国し、さらに国内線でセブに行く場合、記入するのはソウルからマニラへの飛行機のフライトナンバーです。

出発地はフィリピンに入国する前の出発地です。先程の例で言えば、福岡ではなくソウルです。

フィリピンへの渡航目的は実際には留学なのですが、入国審査の際に発給されるビザが観光ビザですので、「Tourism」にチェックを入れておいたほうが無難です。

「NO. OF BAGGAGE(荷物の数)」は、例えば空港のチェックインカウンターでスーツケースを1つ預け、リュックと小さなカバンを持って飛行機に乗った場合、「Checked-in」が1で、「Handcarried」が2です。

その下のチェック欄は特に問題がなければすべてNoをチェックします。サインはパスポートの署名と同じにするのが一般的です。

ご質問・お問合せ

フィリピン留学や学校についてのご質問、入学お手続き(無料)のお申込みなど、下記メールフォームからお気軽にお問合せください。土日祝日も含め24時間いつでもご送信いただけます!

お名前
ご職業
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「info@liuxue998.com」からご連絡ください。

タイプで学校を選ぶ

エリアで学校を選ぶ