フィリピン留学情報

海外保険を安くする

海外保険を安くする イメージ画像

海外保険は必要か?

フィリピン留学で必要となる比較的大きな費用項目は海外保険です。海外保険は必ず入らなければならないというわけではありません。海外保険に入っていることを入学条件としている学校もありますが、それ以外の学校では加入は義務ではありません。

ですので、海外保険に入らない代わりにケガなどしないように自分で気を付けるという対応も可能です。とは言うものの、やはり不安なので海外保険に入っておきたいという方も多いでしょう。そういう方にも有効な節約方法があります。

クレジットカードの海外保険

まず、フィリピンでの滞在期間が90日以内であれば、クレジットカードの付帯保険を利用することができます。

クレジットカード

クレジットカードにはサービスの一環として、海外保険が最初から付いているものが多いです。これであれば保険料ゼロで海外保険を利用できます。

ただし、補償内容や利用条件などカードごとに違いがあります。例えば、飛行機のチケットをカードを使って購入しないと保険が有効にならないカードもあります。ですので、カードの付帯保険を利用する場合は必ず自前にカード会社に内容を問い合わせておきましょう。

留学保険はムダが多い

フィリピンでの留学期間が90日を超える場合は、加入する保険のタイプを変えることで費用を安くすることができます。

海外保険や留学保険といった保険商品が保険代理店で販売されていますが、その多くは様々な補償が入ったセット商品です。セットになっている補償内容の中には、悪天候で飛行機が欠航になった場合に宿泊する空港近辺のホテル代など、使う可能性が極端に低い補償も含まれています。また、死亡補償が1億円もあるなど、必要以上の補償金額になっていることもあります。

しかし、飛行機が欠航になったら成田近辺のホテルに泊まらず普通は家に帰るでしょう。死亡保障も一家の大黒柱ならば残される家族に1億円くらい残したいかもしれませんが、学生や独身の社会人であれば葬式代が出れば十分なのではないでしょうか。

海外保険のバラ掛け

補償項目が増えると保険料は高くなりますし、補償金額と比例して保険料も高くなります。海外保険のセット商品は、例えて言うと幕の内弁当のようなもので、いらないおかずが入っていたり、量が多すぎたりして、結果として高い値段になっているわけです。必要なおかずと必要な量に絞り込めば安くできますよね。

それと同じように、必要な補償項目だけを選び補償金額も自分が必要な額に設定して、オーダーメイドで保険を作ることを「海外保険のバラ掛け」といいます。ムダを省けますので、海外保険をバラ掛けにすることで保険料を大幅に下げることができます。

ご質問・お問合せ

フィリピン留学や学校についてのご質問、入学お手続き(無料)のお申込みなど、下記メールフォームからお気軽にお問合せください。土日祝日も含め24時間いつでもご送信いただけます!

お名前
ご職業
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「info@liuxue998.com」からご連絡ください。

タイプで学校を選ぶ

エリアで学校を選ぶ