フィリピン留学情報

医療と予防接種

医療と予防接種 イメージ画像

フィリピンの病院は格差が大きい

フィリピンは貧富の格差が大きい国です。医療格差も非常に大きいです。

富裕層向けの豪華な私立の病院もあれば、設備の劣った公立の小さな病院もあります。病院の医療設備や衛生状態、医師のレベルもピンからキリまでです。

ですので、病院に行くことになった場合は、まずは学校のスタッフにどの病院に行けば良いか相談すべきです。

フィリピンの病院は英語対応

フィリピンの病院

フィリピンの病院では医師とのやり取りは基本的に英語です。

しかし、病院での医療に関する英語のやり取りに不安を持つ方も多いでしょう。マニラやセブなど大都市の大きな病院では、わずかですが日本語が分かる医師がいます。

また、マニラには日本人会が運営する診療所があり、ここは完全に日本語対応です。セブでも日本語サポートをしてくれるスタッフがいる病院があります。

不安な人は海外保険に加入

私立の良い病院を利用すると、医療費もやはり高額になります。不安な人は海外保険に加入しておいたほうが良いでしょう。

また、クレジットカードの付帯保険を利用する場合は、医療費がどこまで補償されるのか、どういった場合に利用できるのかなど、カード会社に事前に詳しく聞いておくべきです。

保険会社がキャッシュレス対応と言っていても、実際には病院が現金支払いを求めるというケースがフィリピンでは少なくありません。そういった不意の出費に備えて、クレジットカードを持っておいたほうが良いでしょう。

留学前の予防接種

フィリピンに留学する前に予防接種を受けるかは、非常に判断が難しい問題です。保健所などに聞いても明確に答えてくれるケースは少なく、予防接種を受けるか受けないかはあくまでも自己判断になります。

予防接種

最も多いのはかかりつけの病院などで予防接種について相談するケースです。予防接種を受ける場合はA型肝炎、B型肝炎が多いですが、予防接種を受けずにフィリピンに留学する人ももちろん多いです。

予防接種を受ける受けないにかかわらず、病気に対して自分の身を自分で守る姿勢も必要です。生水は絶対に飲まない。また、狂犬病が多い国ですので、犬などの動物はむやみに触らないようにし、もし噛まれたらすぐに病院に行ったほうが良いです。

ご質問・お問合せ

フィリピン留学や学校についてのご質問、入学お手続き(無料)のお申込みなど、下記メールフォームからお気軽にお問合せください。土日祝日も含め24時間いつでもご送信いただけます!

お名前
ご職業
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「info@liuxue998.com」からご連絡ください。

タイプで学校を選ぶ

エリアで学校を選ぶ