フィリピン留学情報

携帯電話

携帯電話 イメージ画像

短期留学は携帯電話なし

日本の携帯電話をフィリピンに持ってきてそのまま使うことは可能です。しかし、国際ローミングという日本経由の国際電話になります。

例えば、寮の隣の部屋にいるクラスメートに電話をするのに、電波が一度日本に行き、それからフィリピンに戻ってくるというイメージです。当然、通話料が非常に高くなります。

携帯電話のレンタルサービスもありますが、これも安いと言える金額ではありません。このため、フィリピンに短期間だけ留学する場合は、スカイプなどを使って携帯電話は無しで済ませることが多いです。

長期留学では現地で携帯購入

ショートメッセージ

フィリピンに長期留学する場合は、留学先でできた友だちなどとの電話でのやり取りも増えます。

特にフィリピンでは携帯電話のショートメッセージ(SMS)がよく使われます。ショートメッセージとは、メッセージの宛先がメールアドレスではなくて携帯電話の番号になるメールシステムです。

このSMSを使って「今みんなで飲んでるから来ない?」みたいなやり取りをするわけです。これは日本の携帯電話のままではできません。ですので、フィリピンで長期留学する場合はフィリピンで携帯電話を買うことが多いです。

フィリピンの携帯はSIMカード方式

SIMカード

フィリピンの携帯電話はSIMカード方式です。日本ではiPhoneなどスマートフォンで使われているシステムです。携帯電話にSIMカードという小さなICチップをセットして使います。

携帯電話の番号はSIMカードとセットになっています。ですので、友だちの携帯電話に自分のSIMカードを入れると、その携帯電話を自分の携帯番号で使うことができます。

SIMカードはショッピングセンターなどあちこちで売られており、1枚数十ペソです。購入の際に身分証明書などは一切必要ありません。

携帯電話は数千円で買える

携帯電話の本体はショッピングセンターの携帯ショップなどで買うことができます。値段はピンからキリまでありますが、最も安いものだと数百ペソで買うことができます。ただし、極端に安いものは中古品や盗品の場合もあります。

日本でもスマホはSIMカード方式ですが、日本の携帯電話はSIMフリーの機種を除いてSIMロックといって、他の電話会社のSIMカードが使えないようになっています。

ですので、日本の携帯電話を持って行ってフィリピンのSIMカードを使うには、日本にいる間、またはフィリピンに着いてから業者さんなどに頼んで、SIMロックを解除してもらう必要があります。

電話代はプリペイド方式

プリペイドカード

フィリピンで携帯電話を使えるようにするには、まずショッピングセンターなどで携帯電話の本体を買います。または、SIMフリーの機種やSIMロックを解除した携帯電話機本体を日本から持ち込みます。

次にSIMカードを買って電話機本体にセットし、電話料金のプリペイドカードを買います。留学生がフィリピンの携帯電話を使う場合は料金先払方式です。

プリペイドカードには暗証番号が書かれています。例えば、300ペソのプリペイドカードを買って、携帯電話で指定された番号に電話をし暗証番号を入力すると、300ペソ使えるようになるという仕組みです。

ご質問・お問合せ

フィリピン留学や学校についてのご質問、入学お手続き(無料)のお申込みなど、下記メールフォームからお気軽にお問合せください。土日祝日も含め24時間いつでもご送信いただけます!

お名前
ご職業
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「info@liuxue998.com」からご連絡ください。

タイプで学校を選ぶ

エリアで学校を選ぶ