フィリピン留学情報

フィリピンの交通機関

フィリピンの交通機関 イメージ画像

留学中に一番使うのはタクシー

フィリピンでの留学中に一番よく使う交通機関は恐らくタクシーでしょう。

初乗り料金が日本円で100円ほどと安いことから、ショッピングモールに買い物に行くときや、友だちと一緒に食事に行く時など、留学中によく使います。

基本的に料金はメーター制なのですが、メーターを使わずに交渉で決めるドライバーもいます。学校のスタッフに相場を聞いておくと良いでしょう。

ジプニーは庶民の足

フィリピンで庶民の足として最もよく利用されているのが「ジプニー」です。

ジプニー

ジプニーはトラックの荷台を10人前後乗れる座席に改造した乗合バスです。車体に番号や行き先が書いてあり、それぞれ決まったルートを走ります。

日本のバスとの違いは、決まったバス停がないことです。手を上げれば止まってくれますし、降りたい場所で降りることができます。料金は都市によって違いますが最低料金が15~20円くらいです。

細い路地はトライシクル

もう一つの庶民の足は「トライシクル」です。自転車やバイクにサイドカーを取り付けたもので、通学時間帯には小学生が5人くらい相乗りしていたりします。

トライシクル

ジプニーが表通りや大通り、ある程度の区間を走るのに対して、トライシクルは裏通りや細い路地、ちょっとした近距離を走ります。

ジプニーで表通りまでやってきて、そこからトライシクルに乗り換えて、細い路地をちょっと走る。そんなイメージです。料金は交渉制です。1人で乗った場合は割高になります。

危なくないのか?

外国人が乗るわけですから、ドライバーの中には料金をボッタクる人もいるのは事実です。ただ、ボッタクるといっても市内を走ってる分には100ペソが200ペソになるくらいで、日本円で言うと数百円の違いです。

タクシー

それよりも心配なのは安全性です。ネットを見ていると誘拐される人がいるとか、ジプニーではスリに注意とか、危なそうなことがいろいろと書かれています。

しかし実際にどうなのかというと、そういった危険性はほとんど感じられません。それほど危険であるならば、何よりも地元の人が使わないでしょう。

ただ、そういった話が出てくる以上、注意するに越したことはありません。ジプニーに乗るときは貴重品は持たないとか、深夜のタクシーやトライシクルは避けるとか、自分でできる安全対策はしっかりしておくべきです。

ご質問・お問合せ

フィリピン留学や学校についてのご質問、入学お手続き(無料)のお申込みなど、下記メールフォームからお気軽にお問合せください。土日祝日も含め24時間いつでもご送信いただけます!

お名前
ご職業
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「info@liuxue998.com」からご連絡ください。

タイプで学校を選ぶ

エリアで学校を選ぶ