フィリピン留学情報

フィリピン留学の費用

フィリピン留学の費用 イメージ画像

安さで人気のフィリピン留学

フィリピン留学の一番のメリットは「安さ」です。では具体的にいくらくらいかかるのでしょうか? このページでは2人部屋で4週間留学した場合を例に、フィリピン留学でかかる費用を見ていきます。

フィリピンの学校に支払う費用

フィリピンの英語学校に支払う費用には次のような項目があります。

学費
…地域で差はありますが、1日8コマ前後の授業を4週間受けて、寮の2人部屋に住んだ場合で平均1,500ドルくらいです。マニラやセブが高めで、地方都市に行くほど安くなります。
入学金
…100~150ドルが一般的です。申し込みの時点で支払います。
教材費
…4週間で1,000~1,500ペソくらいです。
空港出迎え料
…無料の学校が多いです。有料の学校では1,000~1,500ペソくらいです。
寮費
…学費に含まれます。
食費
…ほとんどの学校で、1日3食の食事が学費に含まれます。
掃除代
…学費に含まれます。週に何回というのが決まっています。
洗濯代
…学費に含まれます。週に何kgまでという制限をつけている学校もあります。
電気代
…実費の学校が多いです。4週間で1,000ペソくらいで、2人部屋の場合は2人で折半になります。
水道代
…学費に含まれます。
インターネット代
…学費に含まれます。

フィリピン政府に支払う費用

ビザなどフィリピン政府に対して支払いが発生する費用項目もあります。

ビザ
…フィリピンでの滞在期間が30日以内の場合、ビザは無料です。30日を超えると、基本的に30日ごとにビザを延長します。ビザの延長は半日仕事になりますので、学校が手続きを代行します。ビザの延長料、学校の手数料を含めて、1回あたり2,500~5,000ペソくらいです。(何回目の延長かによって変わります。)
ACR I-Card
…ACR I-Cardとは「Alien Certificate of Registration Identity-Card」の略で「外国人登録証」のことです。フィリピンでの滞在期間が59日を超える場合に必要です。手数料と合わせて3,000ペソで代行する学校が多いです。
SSP(Special Study Permit)
…SSPというのは「特別就学許可証」のことです。フィリピンに留学する人は必ず申請しなければなりません。これも6,000~6,500ペソで代行する学校がほとんどです。
空港利用料(国際線)
…フィリピンから出国する際、つまり、日本に帰るときに発生します。マニラ空港は550ペソで航空券代に含まれています。セブ空港は750ペソで航空券代に含まれていませんので、搭乗する際に空港で現金で支払います。
空港利用料(国内線)
…国内線の飛行機に乗るときに必要です。例えば行きにマニラで国内線に乗り換えてセブへ行くときや、帰りにセブからマニラまで国内線を利用するときに発生します。マニラ空港は200ペソ、セブ空港は300ペソなど空港によって金額は変わりますが、航空券代に含まれているので別途支払う必要はありません。

日本で支払う費用

飛行機のチケット代など日本で支払う費用です。

渡航費
…韓国や香港を経由する便が安く、格安チケットを上手に探せば往復で5~6万円です。セブパシフィックやジェットスターなど格安航空会社を利用すると片道1万5千円前後、割引セールの最も安いチケットでは1万円を切ることもあります。
海外保険
…一部の学校を除いて海外保険は強制ではありませんが、病気になったり事故に遭うのが心配ならば入っておいても良いでしょう。留学期間が90日以内の場合、クレジットカードの付帯保険を使えば保険料は無料です。カードによって保険が適用されるルールが異なりますので、必ず事前にカード会社に確認しましょう。

フィリピン留学の費用モデル

では、実際にフィリピンに留学したらいくらくらいかかるのでしょうか?

上記の条件で留学した場合の費用モデルを出してみます。学費は日系が高めで韓国系が安めですので、その中間くらいで出しています。現実味のない極端に安い例を出しても意味がありませんので、平均的に無理なく節約を目指した場合の費用モデルにしています。

渡航費
60,000円
格安チケット
海外保険
0
カード付帯保険
学費
1,500ドル
4週間2人部屋
入学金
100ドル
教材費
1,200ペソ
空港出迎え
0
無料サービス
寮費
0
学費込み
食費
0
学費込み
掃除代
0
学費込み
洗濯代
0
学費込み
電気代
500ペソ
2人で折半
水道代
0
学費込み
ネット代
0
学費込み
ビザ
0
30日以内
ACR I-Card
3,000ペソ
学校手数料込み
SSP
6,500ペソ
学校手数料込み
空港税
750ペソ
出国時
【日本円】
60,000円
【米ドル】
1,600ドル
→ 168,000円
【ペソ】
11,950ペソ
→ 27,485円
総計
255,485円

渡航費、学費、公的費用などで約26万円となりました。なお、ドル、ペソからの換算は1ドル=105円、1ペソ=2.3円の場合です。

お小遣いはどれくらい?

ビーチリゾート

フィリピン留学では学費に朝昼晩の食事代が含まれています。ですので、朝から晩まで学校内で勉強に打ち込んでいれば、お金を使う機会はほとんどありません。

とは言っても、たまには外食もするでしょうし、他の留学生と一緒にダイビングに行ったりするかも知れません。

お小遣いは勉強中心で地味に生活すれば4週間で1万円あれば十分です。逆に土日ごとにマリンレジャーに繰り出し、ホテルのマッサージを使ったり、カジノに行ったり。そういう生活だと10万円くらいあっという間に飛んでいきます。

そこまで贅沢はせず、ほどほどに楽しむとして、4週間で3~5万円というのが平均的なところのようです。

フィリピン留学の総費用

以上で見てきた費用をすべて合計すると、フィリピン留学にかかる費用は学費も飛行機代もお小遣いもオール込みで、4週間2人部屋で30万円くらいのようです。

たしかに小さな金額ではないのですが、日本で普通に暮らしていて毎月いくらかかるか。それにプラスして日本で1日8コマ前後の英会話レッスンを受けるとどれくらいかかるのか。そう考えると十分に割安感があると思います。

また、この費用はマニラ、セブなど物価が高めの地域をモデルにしています。留学先を地方都市にすれば、さらにコストを落とすことも可能です。

(参考:とにかく安い!学校

ご質問・お問合せ

フィリピン留学や学校についてのご質問、入学お手続き(無料)のお申込みなど、下記メールフォームからお気軽にお問合せください。土日祝日も含め24時間いつでもご送信いただけます!

お名前
ご職業
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「info@liuxue998.com」からご連絡ください。

タイプで学校を選ぶ

エリアで学校を選ぶ