フィリピン留学情報

向いてる人、向いてない人

向いてる人、向いてない人 イメージ画像

フィリピン留学は万能ではない

フィリピンには毎年10万人を超える外国人が英語を学びに留学に来ており、日本でもフィリピン留学はブームを通り越してすっかり定着してきました。低コストの英語留学=フィリピンは若い人を中心に今や常識です。

ですが、フィリピン留学は決して万能ではありません。その証拠に以前より人数は減少しましたが、依然として多くの日本人がアメリカやカナダ、オーストラリアなどの欧米諸国に英語を学びに行っています。

フィリピン留学、欧米留学ともに長所と短所があり、人によって向き不向きがあります。以下に詳しく説明しますがおおまかに言うと次の通りです。

フィリピン留学は初中級者向き

英語の初中級者が抱える大きな問題の一つが英語に対する苦手意識です。英語の勉強を始めたばかりでまだよく分からない。中学以来ずっと勉強しているけれどいつまでたっても読めないし聞き取れない。自分は英語はダメなんだ。

こういうマインドになってしまうと英語を話してみようとか、質問してみようといった前向きなチャレンジングな気持ちになれず、逆に自分を英語から遠ざけてしまいます。そのためいつまでたっても初中級のままでとどまることになります。

消極的にならざるをえない初中級者にとって必要なのは小さな成功体験の積み重ねです。ちょっとだけど聞き取れた。文法は間違っていると思うけど取りあえず通じた。こういった小さなガッツポーズが更に前に進む勇気となります。

フィリピン留学で成功体験

欧米での英語留学はこのような小さな成功体験の積み重ねには向いていません。なぜならば、大人数のグループレッスンばかりで一人一人の発言機会が限られる上、授業も1日平均5コマ程度と少ないからです。(参考:欧米留学との比較

これに対してフィリピン留学は1日の授業が平均9コマと多く、しかも授業の半分前後がマンツーマンレッスンですし、グループレッスンも1クラス4~8人程度が中心です。教師と直接やり取りする機会が欧米留学に比べてはるかに多いため、分かった、通じたという成功体験をはるかに多く積み重ねることができます。

英語に苦手意識を持つ初中級者がフィリピンに留学し、マンツーマンレッスンなど多くの授業を受ける中で、ちょっと聞き取れた、なんとか通じたを積み重ねて自信を付け、更に上を目指して頑張ってみる。そんな勇気を与えてくれるのがフィリピン留学です。

英会話力アップには質より量

英語を学ぶ多くの日本人にとって悩みのタネは「聞き取れない、話せない」ことでしょう。ではなぜ聞き取れない、話せないなのか?原因は文法力の不足ではありません。英語に耳が慣れていない、口を開くことに慣れていないことです。

英語をただひたすら聞く、そして無理にでも英語で話してみる。聞く量、話す量を大幅に増やすことで耳と口が慣れ、少しずつ聞こえるように、話せるようになります。ある段階までは会話力は聞いた量、話した量に比例します。

ですので、英会話が苦手な人にとって大切なのは「質より量」です。発音が不正確でも、文法が少々間違っていても、ネイティブらしい言い回しじゃなくても良い。とにかく聞く量、話す量を徹底的に増やすことが非常に重要です。

英会話力アップならフィリピン

その意味で英会話力アップに最適なのがフィリピン留学です。フィリピン留学では欧米留学の2倍の量の授業を受けることができますし、グループレッスンも少人数です。欧米留学よりも聞く量、話す量を大幅に増やすことができます。

そして、欧米との決定的な違いがマンツーマンレッスンです。欧米留学では1クラス10数人のグループレッスンだけですが、その環境で英語に苦手意識を持つ日本人が活発に発言できるでしょうか?気恥ずかしさもあってなかなか難しいはずです。

ですが、フィリピン留学では授業の半分前後がマンツーマンレッスンです。目の前にいるのは教師だけで誰も見ていません。この環境であれば英語が苦手でシャイな日本人でも英語で話すことができます。欧米留学では難しい話す量の大幅アップがフィリピンでは可能なのです。

豊富な授業量とマンツーマンレッスンで聞く量、話す量を大幅に増やし、英語に慣れることで聞き取れる耳、話せる口にする。フィリピン留学が最も効果を発揮するのが会話力アップです。

フィリピンで短期留学

英語のレベルや留学の目的を問わず、1・2週間の短期留学にはフィリピンがおすすめです。

社会人は仕事があるので留学をするにも1週間の休みが限界だと思います。欧米に留学するとなると片道10時間以上かかりますので、空港に着いてからの移動も考えると行き帰りだけで2~3日はつぶれてしまいます。

これに対してフィリピンへは片道4時間半ですので、日曜到着土曜帰国の1週間留学が可能です。しかも、フィリピンはノービザ入国で30日間まで滞在できますので事前のビザ取得も必要ありません。社会人など短期留学しかできない人にとってフィリピンはとても便利な留学先です。

若い親にも向いている

韓国では10年前くらいから小学生のフィリピン留学が普及してきました。夏休みなどを使って小学生が4週間程度留学するジュニアキャンプが主流ですが、親子での留学もすでに一般化しています。

このため、特に韓国系の学校では親子留学を受け入れる体制が整っているところが多く、小学生だけでなく幼稚園児でも入学可能な学校があります。ですので、若い親と子供の親子留学にもフィリピンは適しています。

フィリピンで文法学習は無理

フィリピン留学に最も向いていないのが文法力や単語量のアップを目的とした留学です。これらを目的とした留学はフィリピンでは無理ですしお金のムダです。

文法力アップが必要なのは英語の初中級者です。初中級者ですから言うまでもなくリスニングは苦手です。ろくに聞き取れない英語でややこしい文法を説明されて理解できると思いますか?どう考えても無理です。文法は日本で学んだほうがはるかに効率的です。

また、単語量アップは地道に暗記するしかありません。そして暗記は日本でもできます。わざわざ飛行機代をかけてフィリピンまで来る必要はありません。フィリピンに留学して単語量をアップするのは究極のお金のムダ使いです。

上級者には向いていない

上級者ですのですでに一通りの文法知識は身に付いてますし単語量も豊富です。もちろん聞き取れますし話せます。そんな上級者がさらなるレベルアップを目指して身に付けるとしたら、ネイティブらしい言い回しや発音でしょう。

ですが、フィリピン人の英語教師はネイティブではありません。彼らにネイティブらしい言い回しを教えることはできません。上級者にとってフィリピン留学は時間とお金のムダです。

ただし、日本で普段英語を使う機会がないという上級者が、ブラッシュアップの目的で短期間フィリピンに留学するならば、それはそれで一つの活用方法です。

ご質問・お問合せ

フィリピン留学や学校についてのご質問、入学お手続き(無料)のお申込みなど、下記メールフォームからお気軽にお問合せください。土日祝日も含め24時間いつでもご送信いただけます!

お名前
ご職業
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「info@liuxue998.com」からご連絡ください。

タイプで学校を選ぶ

エリアで学校を選ぶ