フィリピン留学情報

フィリピン留学のデメリット

フィリピン留学のデメリット イメージ画像

デメリットもあります

フィリピン留学には費用が安い、マンツーマンレッスンが多いなど数多くのメリットがあります。このため、日本人、韓国人を中心に毎年10万人以上の外国人がフィリピンに英語を学びに来ています。(参考:フィリピン留学のメリット

ですがもちろん良いところだけではありません。フィリピン留学にはメリットと同時にデメリットもあります。主に挙げられるデメリットは次のようなものです。

以下、それぞれについて詳しく見ていきます。メリット、デメリットの双方をよく理解して、自分にとってフィリピン留学はどうなのか、正しく判断してください。

地元の人は地元の言葉

「フィリピンは英語が公用語で授業以外でも街などで英語を使う機会が多いので英会話力がアップする」といった説を見ますが、これは正しくありません。

確かに英語はフィリピンの公用語です。ですが生活言語ではありません。現地のフィリピン人が普段の会話に使うのはタガログ語やセブアノ語など地元の言葉です。ですから、街のあちこちから英語が聞こえてくるわけではありません。聞こえてくるのはタガログ語やセブアノ語です。

タガログ語で書かれた看板

また、フィリピン人の英語力にはレベル差があります。4年制大学を出た人たちはそれなりのレベルの英語を話しますが、留学中にそういった人たちと街で会話をする機会は期待するほど多くありません。なぜなら、街で会話をする相手はタクシーのドライバーや飲食店の従業員など、4大卒の学歴を必要としない職種の人たちが中心だからです。

ですので、フィリピンに留学すれば生活の中で英語を使ってやり取りをする機会に恵まれるので英語力がアップする、ということはあり得ません。街の人の多くが普通に英語を話すアメリカやオーストラリアなどでの留学と比べると、この点においてフィリピン留学は明らかに不利です。

フィリピン訛りの英語

上述の通りフィリピン人は普段の生活では現地の言葉を使います。生まれてきた子供たちもそうです。小学校に入って初めて英語を勉強します。しかも、学校にいる間以外は現地語での生活です。生まれてからずっと現地語で生活し、小学校以降も学校以外では現地語でのやり取り。ですから、フィリピン人が話す英語にはフィリピン訛りがあります。

もちろん、ネイティブと変わらないような発音のフィリピン人もいます。ですがそういった人の多くは高学歴層ですので一流企業や外資企業に就職します。学歴はそこそこだけど英語はハイレベルという人たちは、アメリカ企業のコールセンターなど英語教師よりも給与水準が高い職場を選びます。

ですのでみんながみんなとは言いませんが、少なからずのフィリピン人英語教師が話す英語にもフィリピン訛りがあるのは事実です。フィリピンの英語教師すべてがネイティブ並みの素晴らしい発音というわけでは決してありません。

ただし、そのことが英語習得に大きな悪影響を与えるかというと必ずしもそうとは言い切れません。この点についてはフィリピン英語の訛りのページで詳しく説明します。

教師のレベル差が大きい

フィリピンに来る留学生の大半は学生で、夏休みや冬休みを利用してフィリピンに留学に来ます。このため、フィリピンのほとんどの英語学校では、夏・冬休みの学生数が極端に多くそれ以外の時期は極端に少なくなります。

仮にある学校で、留学に来る学生が休み時期は100人でそれ以外の時期は20人だとします。もし100人に合わせて教師を雇用すると、休み時期以外は80人に相当する教師が余ってしまい、彼らに給与を支払えなくなります。

そこでフィリピンのほとんどの学校は、少ない時期の学生数に合わせて常勤教師を雇用し、休み時期は臨時の教師を雇って対応しています。つまり、多くの学校で夏・冬休み時期には常勤教師と臨時教師が在籍するということです。

一年を通じて英語を教えている常勤教師と休み時期だけ採用される臨時教師ではどうしても技術や知識、経験に差が出ます。このため、特に休み時期においてフィリピンの学校では教師間のレベル差が大きくなることは事実です。

規則が厳しい

フィリピンに来る留学生の大半が学生であるため、子供にしっかり勉強させたいという親の意向が学校の運営方針に大きく反映されます。このため、特に韓国系の英語学校の多くは規則が厳しいです。

下記はよくある規則の例ですが、大半の学校で門限を定めているほか、スパルタタイプの学校では平日は外出禁止というところも少なくありません。校内での英語以外の使用を禁止している学校もありますし、規則を違反すると罰金を取られる学校もあります。また、寮の自室内での飲酒、喫煙はほとんどの学校で禁止です。

ただし、日系の学校は韓国系の学校に比べて社会人の比率が高く、彼らの自主性に任せて規則が緩いところや規則がほとんど無いところもあります。細かい規則は不便という人はこういった学校を選ぶと良いでしょう。

食事は韓国料理が中心

韓国系の英語学校では学生の大半が韓国人です。このため、寮で出される食事は韓国料理が中心です。キムチは毎食出てきますし、チゲやチヂミ、ビビンバなどもよくメニューに出ます。

韓国料理

ホームページで「日本食も出る」と書いている学校もありますが、よほど日本人の比率が高くない限り、圧倒的少数派の日本人に合わせたメニューにするなど理屈で考えてあり得ません。毎日のように日本食が出るなど期待しないほうが良いです。

もちろん、日系の学校では日本人に合ったメニューです。ですが日系の学校は韓国系の学校に比べて学費が高いですので、安さに重点を置くと毎日キムチでどのお皿も真っ赤という状態にならざるをえないのが現実です。

学生の国籍の偏り

フィリピンの英語学校のほぼすべてが韓国人または日本人によって経営されています。それぞれの国とのつながりが強いため、韓国系の学校は学生の大半が韓国人で、日系の学校ではほとんどが日本人です。

様々な国から学生が集まっているとアピールしている学校もありますが、実際の学生比率をデータで見てみると、本当に各国から学生が集まっている学校はごくごく一部です。せっかくの留学ですから国際色豊かな学校で勉強だけでなく国際交流をしたいと誰もが思うのですが、現実問題としてその希望が叶う学校は皆無です。

そもそも、フィリピンに留学に来る日本人+韓国人で10万人を超えるのに対して、台湾人など日韓以外の学生はすべて合わせても1万人もいません。ですので、ほとんどの学校で日本人と韓国人で全体の9割以上になります。

インターネット環境が劣悪

フィリピンのほとんどの英語学校でインターネットを使うことができます。ですが、「使える」と「快適に使える」は別です。フィリピン留学でのネット環境は日本と比べると極めて劣悪です。

インターネット

寮の中ではWiFi接続が一般的ですが、電波を発信するルーターから遠い部屋では電波が届かずネット接続できなかったり、契約している回線数が少ないため夕食後などみんなが一斉にネットを使うと混み合ってつながらなくなったりします。

また非常にスピードが遅いため、ブログに文章をアップするのは問題なくても、画像をアップするのは大変だったり、動画を見るのに極端に時間がかかったりします。

光回線が当たり前の日本人にはフィリピンのインターネット環境は劣悪の一言です。最初から快適に使えることは期待せず、劣悪であることを前提に対策を考えるほうが現実的でしょう。

遊びの誘惑が多い

特にセブやマニラに留学した場合、遊びの誘惑が多いです。ビーチリゾートに遊びに行くのは、せいぜい週末だけなのでそれほど影響はありません。影響があるのはクラブやバー、カジノです。

フィリピンのビーチ

こういったところに入り浸りになり、留学に来たのに遊んでばかりで終わりという人も少なくありません。他の学生に誘われて断りきれず、気が付いたらそのグループの常連メンバーになっていたというパターンも多いです.

アメリカでもオーストラリアでも遊ぶところはありますので、これはフィリピンがどうというより個人の問題ですが。

ご質問・お問合せ

フィリピン留学や学校についてのご質問、入学お手続き(無料)のお申込みなど、下記メールフォームからお気軽にお問合せください。土日祝日も含め24時間いつでもご送信いただけます!

お名前
ご職業
メールアドレス
お問合せ内容

※うまく送信できない場合はメールアドレス「info@liuxue998.com」からご連絡ください。

タイプで学校を選ぶ

エリアで学校を選ぶ